【豪華客船の旅】日本の豪華客船 にっぽん丸

豪華客船を使って、ゆっくりと贅沢な時間を過ごしながら世界一周の旅をしてみたい。

豪華客船の旅


大切な時間を最高の旅とともに…。

クイーン・エリザベス2(RMS Queen Elizabeth 2)
にっぽん丸

日本の豪華客船 にっぽん丸

にっぽん丸は、戦前から客船運行を続けている海運業界では老舗の商船三井客船が所有している大型客船です。
にっぽん丸は、「大人を幸せにする海の上の国 -海の上に浮かぶもう一つのにっぽん-」をコンセプトにして、大人の贅沢な自分だけの時間というのを楽しめるよう、さまざまなサービスや設備を用意してお客様を迎え入れているのです。
船での旅、クルージングとなるとホテルよりも客室というのは重要になってきます。
にっぽん丸の客室は、2010年の3月にリニューアルをされ、より一層お客様の要望に応えた姿へと変わっています。


客室は、スイート、デラックス、ステートの3つのランクに大きく分けられ、その中でもさらに細かく室内の設備が異なる形になっており、お客様が快適に過ごすことが出来るよう、要望に合った客室を提供出来るようになっています。
誰もが憧れるスイートルームですが、その中でもグランドスイートは、ベランダとバスルームから船外を望むことが出来ることから、船の旅を存分に味わうことが出来ます。
クルージングをされる方でしたら、1度は泊まってみたいと思うような客室となっております。


クルージングにおいては、船内での過ごし方というのが旅の魅力の大半を占めてきます。
にっぽん丸では、日本の伝統芸能を取り入れたエンターテイメントとお食事を楽しむことが出来る、日本型のクルーズを実現しています。
船内では、さまざまなアミューズメント施設がお客様をお迎えしています。
ジムやカジノ、シアター、ショップなどさまざまな施設がありますので、朝から晩までゆっくりと時間を過ごすことが出来るでしょう。
また、女性に嬉しいスパも併設しておりますので、普段の生活ではゆっくりと時間をとってエステなどを受けられないという方、時間を忘れて船の中で豪華にエステを受けてみてはいかがでしょうか。


これまでの客船というのは、乗客が一緒に1つのイベントを楽しむというのが主流だったのですが、にっぽん丸では個々の乗客がそれぞれのクルーズを楽しむことが出来るいわば21世紀型のクルーズスタイルになっています。
こういったキメ細やかな配慮というのが、にっぽん丸の人気の1つなのです。


クルーズ旅行をされる方が最も楽しみにされているのが、船内での食事でしょう。
にっぽん丸は、お客様1人1人の時間を楽しむことを大事にしていますので、好きな時間に好きな食事を取れるようになっています。
お客様に満足のいく食事を提供出来るよう、食材はもちろんのことテーブルコーディネートからワインセラーまで、細かいところまで工夫を行っています。


テーブルコーディネートに関しては、テーブルコーディネートの第一人者であるクニエダヤスエ氏が総合的にプロデュースを行っており、ワインセラーに関しては、ソムリエの田崎真也氏がプロデュースを行っているのです。
最高の環境で最高のお料理を食べることが出来る、これぞクルージングの醍醐味ですよね。

説明

楽しみ

内容

怖い話

紹介

世界の船