【豪華客船の旅】日本の豪華客船 飛鳥2

豪華客船を使って、ゆっくりと贅沢な時間を過ごしながら世界一周の旅をしてみたい。

豪華客船の旅


大切な時間を最高の旅とともに…。

飛鳥2
飛鳥2

日本の豪華客船 飛鳥2

飛鳥2は、初代飛鳥の後継船で2006年にお披露目となりました。
大手開運業界の日本郵船の子会社である郵船クルーズが所有をしている大型客船です。 現在では、日本が所有する客船の中で最大規模だとされています。
客室数は436室で乗客数は872名という数字を見ると、飛鳥2の大きさというのがイメージ出来るでしょう。


初代飛鳥から連続をして「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」を受賞していることもあり、クルーズ旅行を頻繁にされている方はもちろんのこと、クルーズ旅行をしたことが無いという方にも、憧れの客船として知られているのです。
飛鳥2は、洋上のオアシスとも言われるくらい、普段の生活を忘れることが出来るような優雅なひとときを送ることが出来ます。
移動手段という船ではなく、船を楽しむということをモットーとして、さまざまな施設が用意されているのです。


飛鳥2のスタッフは、日本人スタッフはもちろんのこと外国人のスタッフも多く、船内を異国情緒溢れる特別な場所へと作りあげているのです。
お食事でも異国情緒溢れる雰囲気を楽しむことが出来るよう、お寿司などの和食から本格的なフランス料理と、さまざまな国の料理を堪能出来るようになっています。
飛鳥2にある6つのラウンジ・バーは、壮大な海を眺めながらお酒を楽しむことが出来ますので、地上の生活では体験出来ない素敵な思い出を作ることが出来るでしょう。


食事以外では、シアタールームでの映画鑑賞やジム・プール・テニスコートで汗を流したり、スパでエステやマッサージを体験することも出来ます。また、豪華客船ならではの船内でのカジノやショッピングも楽しむことも出来ます。
長期間滞在をする船内でも、お客様が飽きないようにと工夫をされている設備というのが、見てとれて分かります。


飛鳥2ともなる巨大豪華客船だと、長期クルーズしか楽しめないのでは、と思われている方も多いのですが、ワンナイトから2泊3日というショートクルーズも楽しむことが出来るツアーもあるのです。
クルージング初心者の方や、お手頃な価格でクルージングを体験したいという方にはお勧めです。


その他には、ミドルクルーズと呼ばれる国内の世界遺産を巡るツアーや、100日をかけて世界一周をするロングクルーズまで、さまざまなツアーが用意されています。
国内を巡るクルーズでは、船から奄美諸島や八重山諸島を眺めることが出来たり、船内でその地方の文化に触れることが出来たりと、船の中で国内旅行を体験することが出来るのです。
世界一周のツアーでは、スケールがアップして世界各国の歴史遺産を楽しむことが出来るようになっています。
クルージングの中でも世界一周のツアーというのは、クルーズ旅行をする人の憧れでもあり、一生に1度は行ってみたいものなのです。

説明

楽しみ

内容

怖い話

紹介

世界の船