【豪華客船の旅】豪華客船タイタニック

豪華客船を使って、ゆっくりと贅沢な時間を過ごしながら世界一周の旅をしてみたい。

豪華客船の旅


大切な時間を最高の旅とともに…。

タイタニック号の宣伝
タイタニック号の宣伝

タイタニック号の宣伝
オリンピック号のプロムナードデッキ

豪華客船タイタニック

豪華客船タイタニック号の名前を聞いたことのない人はいないのではないでしょうか。映画にもなりましたし、本などを読んだ人も多いでしょうが、タイタニック号のことを少し紹介しましょう。

船会社ホワイト・スター・ラインが製造したタイタニック号は安全対策に重点を置いた設計となっていました。船体内部には隔壁があり、仮に事故があったとしても沈没しない不沈船と宣伝されていました。

建造された当時は北大西洋のイギリスとアメリカ間の航海が人気を集めており、客船の増船が不可欠な状況でした。そこでタイタニック号が建造されたのです。

映画などを見ると、タイタニック号が唯一の豪華客船であったかのような印象を受けますが、並行して建造されていたオリンピック号とブリタニック号の3隻があったのです。

1912年4月にタイタニック号は処女航海に出発しました。イギリスのサウサンプトン港からの出港でした。エドワード・スミス船長の元、乗員乗客を合わせると2,200人を越える人員が乗船していました。

最上級の一等特別室は6日間の航海で当時のお金で4000ドル以上であったと言われています。途中でフランス、アイルランドに寄港して、そこからニューヨークへと向かったのでした。

乗員用の双眼鏡を入れたロッカーの鍵がなくなったことから、肉眼で周囲を見らなければならなくなったことが、事故を起こす直接的な要因となりました。また、当時の海域での流氷群のことが無線で警告されていたにもかかわらず、見過ごされていたこともわかっています。

タイタニックの悲劇に関しては、これからも映画が作られるのではないでしょうか。

説明

楽しみ

内容

怖い話

紹介

世界の船