【豪華客船の旅】日本の豪華客船

豪華客船を使って、ゆっくりと贅沢な時間を過ごしながら世界一周の旅をしてみたい。

豪華客船の旅


大切な時間を最高の旅とともに…。

ふじ丸(Fuji Maru)
ふじ丸(Fuji Maru)

にっぽん丸(Nippon Maru)
にっぽん丸(Nippon Maru)

ぱしふぃっくびいなす(Pacific Venus)
ぱしふぃっくびいなす(Pacific Venus)

飛鳥2(Asuka II)
飛鳥2(Asuka II)

日本の豪華客船

現在日本にある豪華客船は4隻です。それぞれを紹介しましょう。

まずは「ふじ丸」です。1989年に就航されており、定員が600名です。客室が少ないのですが、その分デッキを広くした構造になっています。三層のデッキがあり、船首からの眺めが魅力的です。

それから「にっぽん丸」です。現在のにっぽん丸は3代目と言うことです。ふじ丸と同じく三井客船の所有なのですが、ふじ丸との違いは居住性を重視したところでしょうか。ふじ丸は短期間、にっぽん丸は長期間という使い分けかもしれません。にっぽん丸の旅では、エンジンルームの見学とかロープワーク教室などのイベントがあります。船のことをよく知って、旅を楽しんでほしいということでしょうか。居住性を重視しているためにデッキが少なく見晴らしはふじ丸に劣ります。

それから「ぱしふぃっくびいなす」です。1998年に就航された、最も新しい豪華客船です。船室は少し狭くなっていますが、新しいですからきれいで清潔な雰囲気です。大浴場には外が見えるような構造になっています。夜の食事のメニューは日本船では最高と言われています。

それから最後は「飛鳥2」です。日本では最も大きい客船となっています。定員は940名です。2006年に就航していますが、外国で就航していたものを買い取っています。他の客船のおよそ2.5倍ぐらいの大きさと考えればよいでしょう。船内はすべてスペースにゆとりがあり、ゆっくりと座ることができます。仕様としては外国船なのです。

このように日本にもいろいろなタイプの豪華客船があります。ぜひ一度は乗ってみたいものですね。

説明

楽しみ

内容

怖い話

紹介

世界の船